前へ
次へ

歯医者には定期的に通うことが大事です

生物ある人が生きていくためには、食べ物を食べなければいけません。その食べ物を食べるときに欠かせないのが、口の中の歯です。歯があることによって、硬いモノでもかみ砕くことができ、食べることができるのです。ですがこの歯は、永遠不変のものではありません。私たちは生まれるとしばらくすると乳歯が生えて、その後生え変わって永久歯に変わります。この永久歯は二度と生え変わることがなく、一生を終えるまで使い続けることになります。この永久歯はケアを怠ると、虫歯という状態になり、それでもほっておくと、最悪抜け落ちてしまい、そのままになってしまいます。歯が一本でも抜けてしまうと、食べ物を上手く食べられなくなるばかりでなく、上手く話す事さえできなくなる可能性があります。ですから永久歯をいつまでも丈夫な状態に保つために、歯医者に定期的に通わなければいけないのです。歯医者に定期的に通っていれば、初期の段階の虫歯を発見してもらえますから、悪化する前に治療してもらうことができます。亡くなるその時まで丈夫な歯を保つために、歯医者には定期的に通わなければいけません。

Page Top