前へ
次へ

歯医者の予防歯科の必要性

虫歯になってから歯医者に通う方が多くおられますが、定期的に予防歯科に通うと虫歯を早期発見でき、最小限の治療になります。特に治療を嫌がる子供に予防歯科はお勧めです。虫歯治療の他、噛み合わせを検診する事で子供の矯正にも役立ちます。予防歯科はそれほど重要ではないと何年も歯医者に通っていない方もおられるでしょう。虫歯などの初期症状は痛みを感じにくく、放置しやすくなります。症状が進行するとダメージも大きくなり、大掛かりな治療が必要となります。当然治療期間や費用も大きくなるでしょう。このような点からも歯科医師は予防歯科の必要性を説明しています。3ヶ月に1回の予防歯科で一生自身の歯で食事ができる可能性が高くなります。入れ歯やインプラント治療をする費用や時間も節約できますし、面倒だと感じても定期的なメンテナンスはお勧めです。ただ、予防歯科は基本、健康保険適用外になります。自費診療となるので歯医者によって若干治療費に違いはあります。

Page Top