前へ
次へ

歯医者には定期的に通うことが大事です

生物ある人が生きていくためには、食べ物を食べなければいけません。その食べ物を食べるときに欠かせないの

more

歯医者を選ぶ時に注目すべきポイント

歯の病気を発症した時には、歯医者に治療してもらう必要があります。歯の病気をそのまま放置するとさらに悪

more

歯医者に診てもらうメリット

最近の子どもは虫歯にならないと言われていますが、それでも油断は禁物です。定期的に歯医者さんに診てもら

more

歯医者の治療方針を知る

街にはたくさんの歯医者があります。すべての歯医者が同じ治療をしているとは限りません。歯科医師によって治療に対する考え方が異なるからです。例えばある歯科において抜歯した方が良いと言われても、別の歯科では保存治療で問題ないと言われることもあります。つまり、歯科を選ぶ際には医師の治療方針をあらかじめ知っておくことがポイントであると言えます。私は長期間定期検診等で通っていた歯科がありましたが、仕事の異動により、別の歯科で診察を受けることになりましたが、治療の基準が全く違い、戸惑ったことを覚えています。事前にホームページ等で治療方針の確認をすることがポイントです。治療について疑問に思うことがあれば、複数の歯科に通い、治療方法を決めることも大事なことです。虫歯の治療にはいくつかの方法があります。症状がひどい場合には抜歯することになりますが、抜歯するということは身体の機能の一部を失うことになるので、慎重になる医師も多いです。そのため、虫歯の程度だけでなく、年齢などから判断されます。なお、抜歯した場合には歯並びにも影響を与えることから、部分入れ歯やブリッジなどの治療を行うことになります。症状がひどくない場合には虫歯の部分だけ削る治療が行われます。削ったあとには代わりとなる詰め物を詰めます。なお、金属の詰め物を使用する場合には、詰め物の型取りを行う必要があるので、一週間程度は仮の詰め物を詰めて生活することになります。詰め物を使用した場合、粘着度の高い食べ物、例えばガムなどを食べることで外れるリスクがあるので注意する必要があります。詰め物を使用する治療は大人の虫歯だけでなく、子供の虫歯治療でも行われているので、特に自分の子供が虫歯の治療をした際には与えるおやつに注意することがポイントです。症状が軽い場合には削ることもしないで経過観察ということになります。その場合、日頃からのこまめな歯磨きが大事なことになります。

西船橋 歯科

名駅の予防歯科歯医者「RYO JIMBO DENTAL」

東陽町で歯医者をお探しなら相談しやすいひまわり歯科

患者様に最適な治療を導き出すガクデンタルクリニック

歯ぐきのお悩みは久喜市のさくら歯科クリニックまで

Page Top